愛媛・大洲(おおず)の名物として愛され、親しまれている『志ぐれ』を、ぜひ一度ご賞味ください。

創業は明治八年。
秘伝菓子『志ぐれ』を、大洲名物『志ぐれ』へ。

愛媛・大洲で、伝統の和菓子『志ぐれ』を作り続けて、百年以上がたちました。
『志ぐれ』は今から約二百年前、大洲藩江戸屋敷内の秘伝菓子として誕生し、冨永松栄堂初代の八太郎によって、世に伝承する事となりました。
以来百有余年、当店舗独自に日夜研鑽を重ね、大洲名物として愛され、親しまれております。
原料に小豆・米粉・餅粉・砂糖を使用し、その素朴な味は絶品と好評をいただいております。
今に伝わる伝統の味を、心ゆくまでご賞味くださいませ。

大洲志ぐれ本舗 冨永松栄堂 五代目 冨永 明佳

『志ぐれ』の由来

小豆を、晩秋から初冬にかけてぱらぱらと通り雨のように降る時雨に見立て、この名前がついたと言われています。

昭和天皇皇后両陛下御用命の栄[昭和四十一年]
第二十回 全国菓子博名誉無鑑査賞受賞[昭和五十九年]
第二十一回 全国菓子博茶道裏千家家元賞[平成元年]

商品のご紹介

ひとくち生志ぐれ

ひとくち生志ぐれ

甘さ控えめでもっちりとした食感が人気の当店定番の生志ぐれです。食べやすいひとくちサイズ。

抹茶志ぐれ

抹茶志ぐれ

農薬を使用せずに育てた抹茶の浮島をふんわりのせて蒸し上げました。抹茶の香りと風味が楽しめる志ぐれです。

栗志ぐれ

栗志ぐれ

徹底的に栗にこだわった志ぐれです。愛媛県産の栗を無漂白で加工し、風味豊かに柔らかく蒸し上げました。

しあわせ志ぐれ

しあわせ志ぐれ

高級丹波大納言小豆を仕上げにのせて蒸し上げました。しあわせを運ぶ「しあわせのてがかり箋」付きです。

大洲という地で、志ぐれを作り続けてきた先代たち。

明治八年、「八太郎商店」として事業を開始し、代々『志ぐれ』を作り続けてきました。
「大洲志ぐれ本舗 冨永松栄堂」の基礎を築いた初代の八太郎、そして夫を支えた妻のミチヨ。
幾度も途絶えかけた当店が、ここまで続けてこれたことに、日々感謝しております。

先代をもっと知る


五代目・冨永 明佳のこだわり

当店では、小豆の食感を活かすため、小豆の粒を壊さないように煮た豆と、つぶす用に煮た豆の2種類の煮豆を使用しています。

圧が強い一次蒸気を、もう一度水にくぐらさせることでやわらかい蒸気へと変化します。この二次蒸気で蒸すことで、しっとり蒸し上げることができます。

できるかぎり甘さは控えつつ、日持ち・衛生面など様々な基準値をクリアするために、原材料の比率や包装方法を工夫し、小豆の風味をしっかりと閉じ込めました。

現代の『志ぐれ』のカタチ

明治八年に創業して以来、お客様のニーズに合うよう、原料や製法は時代とともに変化し続けてきました。
昔は保存方法が確立されておらず日持ちがしなかったため、大洲でしか味わえない銘菓でした。
五代目・冨永 明佳は、一から製造方法と包装方法を見直し、ようやく今のカタチにたどり着きました。
甘さを控え、モチモチ感を残しながらも、城下町らしく茶席菓子としても使えるように、さっくり感のある『志ぐれ』に仕上げております。
また、当店一番人気の『ひとくち志ぐれ』は、その名のとおりひとくちサイズです。
個包装なので日持ちもよく、切り分ける手間もないので、とても食べやすいと好評をいただいております。

やっぱりおいしい!いつもこのモチモチに感激しています。小分けなのが食べやすいですね。


小豆や甘いものが苦手な私でも、すごく食べやすくておいしかったです!


しっとりもちもち、初めての食感です。小豆の甘みがやさしいので、7ヶ月でも食べちゃいます!

『ひとくち生志ぐれ』は、
「大洲ええモンセレクション」に認定されています。

「大洲ええモンセレクション」とは?

大洲市で製造または加工される産品を「大洲ええモンセレクション」として認定し、PRすることで知名度を高め、流通拡大と地域産業の活性化を図るとともに、認定品を通じて大洲市全体のイメージアップにつなげることを目的としています。

商品についてのお問い合わせ

商品についてのご質問や、ご注文に関するお問い合わせは、本社工場本店に隣接している系列店「洋菓子専門店 パティスリー」までお願いいたします。

【本社工場本店 兼 洋菓子専門店 パティスリー】

《TEL》 0893-25-3635
《FAX》 0893-25-0905
《営業時間》 10:30〜19:30(火曜日定休)
《オフィシャルサイト》 https://www.patisserie-tominaga.com/

お問い合わせフォーム